TOYOOKA TOURISM
INNOVATION豊岡観光イノベーションについて

豊岡観光イノベーション(TTI:Toyooka Tourism Innovation)は、2016年6月1日に豊岡市、全但バス株式会社、WILLER株式会社、株式会社但馬銀行、但馬信用金庫が観光による地域経済の活性化を進めるために設立した観光推進の専門機関です。専門知識やノウハウを持つスタッフが、官民のネットワークを使いながら 、「ローカル」の磨きあげと、観光地マーケティングにより、世界から選ばれるデスティネーションを目指しています。

INBOUND DATAインバウンドデータ

UPDATE2023.03.13

2023年の豊岡市外国人観光客の状況

宿泊者数

61,187 人泊

(対前年 )

観光消費額/人

4.6 万円

(対前年 +18% )

平均宿泊日数

1.56

(対前年 +9% )

詳しく見る

RESEARCH REPORTリサーチレポート

UPDATE2024.03.21

インバウンド概況(2023年)

インバウンド概況(2023年)

2023年の訪日外国人来訪者数は2,506万人と、パンデミック前となる2019年の約79%まで回復しました。 2023年の豊岡市外国人延べ宿泊者数は 60,679人泊で、2019年比4.7%減で、2019年の95%回復。日本全体では約79%の回復のため、豊岡の回復速度が速いことがわかります。 第3回豊岡観光まちづくりミーティング(2024年3月8日開催)で使用した2023年最新イン……

詳しく見る